鈴木真実法律事務所

高齢者財産管理・遺言・相続

自身や家族が高齢になったときの不安はありませんか。一緒にしっかりと準備していきましょう

財産管理のお悩みはありませんか?

鈴木真実法律事務所 高齢者財産管理・遺言・相続

・いざという時のことを考えて、財産管理などを頼める人を決めておきたい。
・両親が認知症だが、住んでいる場所が離れているため、近くの誰かに後見人を頼みたい。
・認知症の親の財産を兄弟が管理しており、使い込んでしまわないか心配だ。
・母が亡くなったが、父が認知症の場合、相続の手続はどうすればいいか。

高齢者の財産管理をサポートします

認知症になってしまった両親の財産管理が心配。障がいをもつお子様の「親亡き後」に備えたい。自身で財産を管理することが難しくなってきたので、今のうちに信頼できる人に財産管理をお願いしておきたいーー。
自身や身近な人が高齢になるにしたがって、将来への不安が色濃くなってきます。

当事務所では、このような漠然とした不安であっても、ご相談者様のお話をしっかりとお聞きして、具体的にどのような対策が必要なのか検討し、わかりやすく説明します。
定期的にご相談を受けるホームロイヤーとしてのサポート、成年後見申立手続の代理、任意後見契約の締結サポート、弁護士が後見人となっての財産管理など、多くの経験があります。

皆さまの大切なご家族とともに、安心してこれからの生活をおくれるように、元気なうちから、一緒に準備を進めてまいりましょう。

鈴木真実法律事務所のサポート内容

1、成年後見制度

成年後見制度とは、認知症などによって物事を判断する能力が十分でない方について、その方(=本人)の権利を守る援助者を選ぶことで、本人を法律的に支援する制度です。
成年後見制度は、大きく分けると「法定後見制度」と「任意後見制度」の2つがあります。

2、法定後見制度

法定後見は、家庭裁判所の審判により開始されるもので、家庭裁判所によって選ばれた援助者(成年後見人・保佐人・補助人)が、本人の利益を考えながら、本人を代理して契約などの法律行為をしたり、本人が自分で法律行為をするときに同意を与えたり、本人が同意を得ないでしてしまった不利益な行為を後から取り消したりすることによって、本人を法律的に保護・支援します。

3、任意後見制度

任意後見制度は、本人に十分な判断能力があるうちに、将来、判断能力が不十分な状態になった場合に備えて、あらかじめ自らが選んだ代理人(任意後見人)に、自分の生活、療養看護、財産管理に関する事務について代理権を与える契約(任意後見契約)を、公証人の作成する公正証書によって結んでおくものです。

遺言・相続のお悩みはありませんか?

・兄弟で親の相続について話し合いたいが、どのように進めればよいのか。
・親の遺言書で私には一切財産を渡さないと書かれていたが、本当に一銭ももらえないのだろうか。
・亡くなった親に借金があることがわかったので、相続放棄をしたい。
・親の相続の際にもめそうなので、不安だ。
・将来、自分の相続で子どもたちの間で争いが起きないように準備しておきたい。

遺言・相続をサポートします

当事務所では、遺言・相続に関するあらゆる法律問題をサポートいたします。

●遺言書の作成、執行
●遺産分割協議(相続分、寄与分、特別受益など)
●相続放棄
●遺留分減殺請求

相続については、遺産分割について相続人の間で話し合いができない、まとまらないというご相談はもちろん、存在すら知らなかった遠い親族の相続について、突然書類にハンコを押してほしいと手紙が来た、といったご相談も少なくありません。

相続放棄や遺留分減殺請求など、期間制限のある手続もあります。相続に関して気になることは、お早めにご相談ください。