鈴木真実法律事務所

債務整理

債務による不安は、家庭や身近な人にも影響します。ひとりで抱え込まずにご相談ください

こんなお悩みはありませんか?

鈴木真実法律事務所 債務整理

・借金が多すぎて、どう考えても返済できない。
・借金を返済して、また借りて……と、自転車操業になっている。
・債務を整理したいが、住宅は手放したくない。
・周囲に迷惑をかけずに自己破産したい。
・家族や職場に秘密にして、債務を整理したい。

家庭から債務による不安を取り除きましょう

子どもの教育ローンが組めなかった、住宅ローンの申請が通らなかった、亡くなった祖父が所有している休眠会社が多額の債務を抱えていた……。
なにげない生活の中から、過去の大きな債務が発覚することは少なくありません。

債務整理とは、弁護士が介入することで、ご依頼者様の債務状況に合わせて、借金の整理をしていく手続きです。
当事務所の弁護士は、多くの家庭の法律問題を経験しています。離婚のご相談を受けたら、根本的な問題は債務だった。相続のご相談を受けたが、それよりも先に債務を整理しなければならない状況だった。このようなケースは枚挙にいとまがありません。

債務整理についても、これまで数多く携わってまいりましたので、債務整理の方法が様々にあることを知っています。どの方法を選択すればよいのかという段階から、弁護士と一緒に解決の糸口を探していきましょう。
ご夫婦や、ご家族そろってのご相談も可能です。一人で悩まず、できるだけお早めにご相談ください。

鈴木真実法律事務所のサポート内容

債務整理は、状況に応じて、主に、①任意整理、②自己破産、③個人再生という3つの方法が考えられます。

弁護士が依頼を受けた場合、貸主(債権者)からご依頼者様に直接連絡が入らなくなるため、安定した環境において、腰を据えて生活再建に取り組むことができます。これが、ご依頼いただく最大のメリットと言えます。
また、法律上支払う必要がないのに返済し過ぎたお金(いわゆる『過払金』)があるような場合、このお金を取り戻せるケースもあります。弁護士が依頼を受けた場合には、取引の履歴を精査して、過払金があるかどうか確認し、ある場合には交渉・裁判手続を通じて、回収に努めます。

1、自己破産

自己破産と聞くと、自身の人生に「失敗」の烙印を押されるようなイメージを持ってしまうかもしれません。しかし、実際はそのようなことはありません。
自己破産は、今までの借金をすべて清算し、再スタートを切るための第一歩です。
どうがんばっても借金を返済できない状態であれば、自己破産を選択して再スタートを切ったほうが、ご自身はもちろん、周囲に対してもメリットになることが多くあります。

一定の財産を残すこともできますので、現状の生活を大きく変えることなく、生活を再スタートできることがほとんどです。
借金を返そうと必死になっていると、無理をして、新たに借金を増やしてしまうこともあります。できるだけお早めに、弁護士にご相談ください。

2、任意整理

任意整理とは、債権者(銀行、消費者金融、カード会社、お金を貸した友人など)との個別の話し合いによって、収入の範囲内で無理なく返済していけるように、借金を整理することです。例えば、今後の金利をカットする、借金の総額や毎月の返済額を減額する、支払い回数を増やして月額の負担を下げる、といった方法などをとることができます。

3、個人再生

個人再生とは、裁判所へ申し立てることによって、減額された借金を原則3年(最大5年)かけて分割で返済していく手続きです。自己破産のように、すべての債務を免責(ゼロ)にするというわけではなく、債務が減額される手続となっています。
住宅ローンが残っている場合には、住宅を残すことが可能です。一定の条件を満たせば、住宅ローンを支払いながら、それ以外の債務を圧縮することができます。